マークの由来

ロゴマークの色彩は赤(博愛)、白(平等)、青(自由)でトリコロールになっていますが、これは医院が患者さんの人生において長期間に渉って3つの側面、つまり「予防」「治療」「ケア」からサポートしていく、という決意の表出です。また当院の最新検査機器5本柱の1つである、高度医療機器の施設認定を取得する予定の、光トポグラフィー(NIRS)の検査データにもちょうど模様が似ています。因に他の4つは、機能的磁気刺激検査(TMS)、終夜睡眠ポリグラフィー(PSG)、反復睡眠潜時検査(MSLT)と経頭蓋脳動脈エコー検査になります。それから、デザインの人体は体と頭、身と心が一体となっており、患者さんの病が癒えた後の、躍動する生命感に漲っています。そして、当院の英語表記名である、Neuro Cognitive Care Clinic、つまりN.C.C.C.から成る、Nと3つの異なる大きさのCで表現されています。人間は心身一如であり、両方を診ていくことを大切にする当院の方針が、このマークには明示されています。当院は高次脳機能障害を含む、重度の認知症疾患を対象に、最善の治療を行える、最新医療機器を備える専門クリニックです。その任に相応しい気概を持って、認知機能障害の分野で最先端を自認できるよう、日夜努力を継続して参ります。                             

 

新着一覧

Copyright(c) brain-care 認知脳神経内科 All Rights Reserved.
Translate »
Scroll Up